Top > ハワイアン雑貨の個人輸入方法

ハワイアン雑貨の個人輸入方法

最近人気のハワイアン雑貨。個人の趣味としてはもちろん、お店の飾りとしても大変人気があります。個人で海外から輸入する人もいるくらいです。個人でハワイアン雑貨を輸入するには、まず取引先の業者をみつける必要があります。日本に居ながらにしてハワイアン雑貨の取引先をみつけることもできますが、安心・確実な取引をするためにもできれば現地に赴いて自分の目で確かめたいものです。ただ、個人的にハワイアン雑貨を輸入する場合はそこまでしなくても、輸入代行業者を利用する方法もあります。これは、自分個人で商品を輸入するかわりに業者に代行してもらう方法です。海外から輸入する際の手続きを代行してくれるので、通常のネットショッピングの感覚で個人輸入することができます。輸入する物としない物の判断ですが、すでに誰かが輸入していたり、代理店があれば無理しないで日本で調達したほうがいい場合もあります。すごく安いと思っても関税が凄くかかったり、送料まで計算すると普通に買える値段になっていたりというケースもあります。また、安い販売店は荷造り、発送をしてくれない場合が多いので注意が必要です。いずれにしても個人輸入に関して全く分からないのであれば、わからないままで行うのは非常に危険です。事前によく調べるか、それが難しいということであれば代行業者に依頼する方法をおすすめします。


 結婚式のゲスト  業務用空気清浄機  京都中央信用金庫  幹事代行  革のクリーニング

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ハワイアン雑貨の個人輸入(2009年5月23日)
ハワイアン雑貨の輸入代行(2009年5月23日)
ハワイアン雑貨の個人輸入について(2009年5月23日)
ハワイアン雑貨の個人輸入方法(2009年5月23日)